ようこそ

日本は世界で6番目の海洋面積を誇る国です.日本の排他的経済水域を含めた範囲に賦存するエネルギー資源の量は非常に潤沢なことがわかっています.少子高齢化の影響で漁業や養殖を技術で効率化することも必要なようです.このような新たな海洋の産業化を目指し,近年,産業界の多くの方々が海洋ビジネスに注目しています.ところが海水に阻まれた海洋は,陸や空を生業とされている方々には.参入ハードルが高いと思われているようです.私たちは,そのような海洋ビジネスの潜在ポテンシャルを持っている方々に,海中技術のひとつである,海中ロボットの実際を知っていただく機会を提供しようと考え,この会を立ち上げました.
記念すべき第一回のイベントでは,① 一般向けの海中ロボットの技術と産業に関するセミナーと,②港での海中ロボットの実演を企画しました.場所は伊豆大島です.みなさんのご参加をお待ちしています.

おしらせ 


11月23日: 本番です! 気を付けてお越しください。
11月22日: 元町の簡単案内図をアップしました.日記を追加しました.
11月21日: 講演者の変更がありました.デモ場所が若干移動しました.
11月20日: ショートツアー企画追加(ページ中ほど)
11月18日: 開催まで一週間を切りました.
                 現在,土曜日の10:40 大島着の皆様向けの,小さなツアーを企画中です.
                 2時間と少しですが時間が余ってもったいないという方に,すこしでも楽し
                んでいただけるように考えています.
11月1日:  やっとホームページを開設しました.皆様にはご不便をおかけいたしました.
これから,本番まで,情報を追加していきたいと思います.

運営日記

11月22日(金)
大島にやってきました!
残念,雨です.船も若干揺れました.
さて,今から役場などへ挨拶周りです.

15:48 です.
波浮にテントを運んで海の様子を見ました.寒いです.風強いです.
明日は,天気は回復するそうですが,明後日はまた崩れる???
荒れたら,接岸した船からROVを出して,波浮港の真ん中に沈んでいるという言い伝えのある,巨岩を探そうかと思います(おもいつき).
では,いまから,船を出してくれる海洋国際高校さんと打合せします.

11月23日(土)
今日の大島はいまのところ「曇り」ですが,風が強いですね.
朝は冷え込んでいます.
東京発の皆さまは,竹芝に向かっているところと思います.
お気をつけておいでください.
多分,岡田港入港です.
スタッフがお出むかえをいたします.
開始まで時間があるので,ぜひショートツアーをお楽しみください.

概要

開催日時: 2019年11月23日(土)13時 ~ 24日(日)13時

開催場所: 
  ① セミナー: 大島町役場
  ② 海洋ロボット実演: 波浮港

宿泊場所:  伊豆大島温泉ホテル

募集人員:  45名 

参加費用: \20,000- 
  ※大島往復費用は各自でご負担ください

主催: 福島ロボットテストフィールド

共催: 大島町役場,海洋国際高校

後援: (一社)慣性センサ応用技術研究協会,アクアLANコンソーシアム

協賛: コスモス商事(株),広和(株),日本無線(株),JUTM

イベント

11月23日(土)  セミナー@大島町役場

13:00   開会の辞   [JAMSTEC 吉田]

  主賓挨拶  [大島副町長]

 ――――海洋ビジネス創出のために必要な技術と展望 #1――――

13:10  「海洋産業のポテンシャルと必要なロボット技術」吉田弘(JAMSTEC 研究プラットフォーム運用開発部門 技術開発部 次長)

13:40  「ロボットの知能化技術」: 丹羽雄一郎

14:10  「福島RTFの紹介とロボットの社会実装に向けた取り組み」:  秋本修 (福島ロボットテストフィールド 副所長)

14:40  休憩

 ――――協賛企業講演――――

15:00  「広和のロボット展開(仮題)」 広和

15:20  「海洋機器輸入ビジネス(仮題)」コスモス商事

15:40  「会社紹介ビデオ」 日本無線

 ――――海洋ビジネス創出のために必要な技術と展望 #2――――

16:00  「伊豆大島ジオパークの取組と海洋ロボットへの期待(仮題)」

    寺本雄一郎(大島町役場 観光課 ジオパーク推進係)

16:30  「光無線技術が可能にする海中光ネットワークと新たな海洋産業」

   島田雄史(トリマティス CEO 兼 ALANコンソーシアム代表)※ 代理 野田健太(トリマティス)

17:00  ディスカッション

17:30   閉会の辞 [伊豆大島 元町役場 寺本]

11月24日(日) 海中ロボット実演@波浮港

09:30 集合@波浮港
          オペレーション実演
11:30 終了

実演内容

小型遠隔操縦型海中ロボットの搭載,展開,運用,揚収という一連の作業を港で行います.ロボットには,2機のコンセプトの異なるROV(Remotely operated vehicle)を用います.水中画像による対象物の観測を行いますが,得られる画像そのものよりも,オペレーションの仕方に重きをおいた実演となります.


ロボット#1: VEGA(広和株式会社提供)
日本で小型から中型の海中ロボットを製造販売・運用している老舗の企業が,小型のROVを運用します.

ロボット#2: Boxfish (コスモス商事株式会社提供)
コスモス商事はオイル&ガスの掘削機材、ソフトウェアの輸入販売・レンタル・サービスを国内の石油会社・掘削会社等を中心に提供しています.今回は,Boxfish Research製の小型ROVを運用します.


三原山ショートツアー

10:40 着の船で来られる皆さまに,13時開始のセミナーまでのツアーを企画しました.

10:55 着岸港発 → 三原山外輪山 → 昼食@茶屋(各自オーダ)→ 12:40 大島町役場 をマイクロバスで巡ります.

時間が僅かなので,三原山内輪山まではとても行けませんが,晴れていれば雄大な御神火を拝むことができます.茶屋での食事は大島情緒タップリです. 参加費は1,000円となりますが,

昼食代は自己負担でお願いします.

参加ご希望の方は,お名前とケイタイ番号をお知らせください.
 下船されたら「海のアバター」のプラカードを持っているヒトを探してくださいね. 

お申込みについて

※応募は締め切らせていただきました.

ご参加希望の方は,下記についてお知らせください

1.ご氏名
2.ご所属
3.連絡先(e-mail)
4.性別
5.お申込み情報
1) 温泉ホテル宿泊※1   有/無
2) バス利用 セミナー会場~ホテル    有/無
3) バス利用 ホテル ~ デモ会場   有/無
4) バス利用 デモ会場 ~ 元町港    有/無
5) 2日目の昼食(元町港)   有/無
6)東京⇔大島往復乗船券(別料金)※2

※1: 
温泉ホテルの部屋は,3名~4名/部屋の宿泊に
なりますので,開催者側で部屋割りをいたします.
プライベートをご希望のかたはお申し出ください.
2名1室で\1,100-アップ,1名1室ですと,\ 3,300-
アップとなります.

※2:手配便は
往路:東京08:35発~10:40着大島
復路:大島14:35発~16:40着東京
にかぎらせていただきます.それ以外をご希望の方は,
各自で手配してください.

お問い合わせ