ようこそ

日本は世界で6番目の海洋面積を誇る国です.日本の排他的経済水域を含めた範囲に賦存するエネルギー資源の量は非常に潤沢なことがわかっています.少子高齢化の影響で漁業や養殖を技術で効率化することも必要なようです.このような新たな海洋の産業化を目指し,近年,産業界の多くの方々が海洋ビジネスに注目しています.ところが海水に阻まれた海洋は,陸や空を生業とされている方々には.参入ハードルが高いと思われているようです.私たちは,そのような海洋ビジネスの潜在ポテンシャルを持っている方々に,海中技術のひとつである,海中ロボットの実際を知っていただく機会を提供しようと考え,この会を立ち上げました.
昨年の第一回のイベントではセミナーと波浮港での海中ロボットの実演を伊豆大島で実施しました.参加いただいた皆様には深くお礼申し上げます.
第2回目は,なんと福島ロボットテストフィールド(RTF)さんに主催していただいて,福島県の南相馬で開催されます.内容は①セミナー,②福島RTFの屋内大水槽でのROVデモと操作体験です.

おしらせ 


第2回(2020年)
01月18日:メディア掲載情報をまとめました.
12月18日:当日の様子を公開しました.
                スペシャルムービー((株)スペースワンご提供)を公開しました.
12月02日:開催直前ですが,ガイドブックを公開しました.
11月16日:本HPを正式ページとして立ち上げました.
10月18日:第二回開催情報を掲載しました.
                暫定情報ですので日程以外では変更が発生することがあります.

第1回(2019年)
11月23日: 本番です! 気を付けてお越しください。
11月22日: 元町の簡単案内図をアップしました.日記を追加しました.
11月21日: 講演者の変更がありました.デモ場所が若干移動しました.
11月20日: ショートツアー企画追加(ページ中ほど)
11月18日: 開催まで一週間を切りました.
                 現在,土曜日の10:40 大島着の皆様向けの,小さなツアーを企画中です.
                 2時間と少しですが時間が余ってもったいないという方に,すこしでも楽し
                んでいただけるように考えています.
11月1日:  やっとホームページを開設しました.皆様にはご不便をおかけいたしました.
これから,本番まで,情報を追加していきたいと思います.

運営日記

11月13日(金)
第二回の開催にあたり、ページの更新をさせていただきました。
随時更新頑張ります。

概要

開催日時: 2020年12月4日(金)13時 ~ 12月6日(日)15時くらい
※ 今回は水中ロボットコンベンションとのWeb共有による同時開催です.

開催場所:
  ① シンポジウム: 福島RTF・カンファレンスホール
  ② ロボット実演: 福島RTF・大水槽
  ③ Web(リアルタイム配信.Web会議ツールによる参加型)

宿泊場所: 各自でお取りください.原ノ町駅前が便利です.

募集人員: 40名 (現地参加),100名(WEB参加)

参加費用: 無料(予定.交通費・宿泊費は各自ご負担ください)

主催: 福島イノベーション・コースト構想推進機構

後援: JAMSTEC,水中ロボネット,アクアLANコンソーシアム

協賛: 広和(株),コスモス商事(株),(株)スペースワン,ミサゴ(株)

イベント

12月4日(金)シンポジウム@福島RTF

13:00   開会の辞  

講演1:福島ロボットテストフィールドの紹介と水中ロボットへの期待(福島ロボットテストフィールド 副所長 秋本 修 氏)

講演2:海洋エネルギー関連産業のクラスター形成を目指して(長崎県産業労働部 参事監(大学連携推進担当) 兼 長崎大学研究開発推進機構機構長特別補佐(非常勤) 森田 孝明 氏 )
講演3:世界の水中ドローンメーカーのご紹介(スペースワン 小林 康宏 氏)

基調講演:アバターロボットがもたらす新たな暮らし(avatarin株式会社 代表取締役CEO 深堀 昂 氏)

講演 4:ロボティクス技術を活用した海洋産業への取組み(ヤンマーホールディングス株式会社 中央研究所 上級指導職 嵩 裕一郎 氏)

講演 5:陸・海・空のロボット教育の取組み(子どもの理科離れをなくす会 代表 北原 達正 氏)

講演 6:海中産業の創出を目指す産業界の取組み (ALANコンソーシアム 代表 島田 雄史 氏)

17:00   閉会の辞

12月5日〜6日 ロボット実演@大水槽

実演内容

小型遠隔操縦型海中ロボット展開,運用,揚収
① ROVの運用デモストレーション
② ROVの操作体験
③ 参加者持込ペイロードを搭載運用

④ 水中ロボコン@JAMSTECの中継放送

⑤ 福島RTFからJAMSTECのロボットを遠隔操縦



お申込みについて

こちらよりお申込みページへとお進みください。
(受付システムについては(株)ビズクリエイトのサービスを使用しているため、外部サイトに移動します。)

お問い合わせ

Japan

プライバシーポリシー を読み、同意しました